・2016年 思案薔薇幻想館(しゃんばらまぼろしやかた)

 

~歌詞~

 

「バラの木にバラの花咲く なにごとの不思議なけれど」
 皆さん、この詩をご存じですか?
 厳しい現実社会を必死で生きていくためには、
 脇道でとどまることなんて許されないのかもしれません。
 しかし、心疲れ、倒れ伏し、ふと振り返ったその時、
 道端の草の芽生えに驚き、夜空に散らばる星々に涙し、
 光浴び咲き誇るバラに世界の不思議を感じるのでしょう。
 もしかすると、
 それが私たちの2度目の誕生かもしれませんよ。
 バラを思案する“しゃんばら・まぼろしやかた”をお楽しみ下さい。

更新中

 

 

 


あなたのコメントやメッセージを投稿できます。